ふなやまペインクリニック
PAGE TOP




  • ことほぎ便り


    2019年 1月号


     新年明けましておめでとうございます。久しぶりのことほぎになりました。2019年も患者様にとりましても良い年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

    ☆院長より挨拶

     ふなやまペインクリニック院長の船山忠久です。
     あけましておめでとうございます。2006年の開院以来、当院では職員一同『一人ひとり患者さんの痛みを理解し、思いやりの心をもって安全で納得していただける患者さん中心の医療を!』との理念に基づいて診療させていただいております。
     今年の干支は亥(いのしし)です。猪のつく単語は「猪突猛進」、「猪武者」などがありますが、「目標に対して、向こう見ずに突き進むこと」、「状況を考えないでがむしゃらに突き進む人」などとあまり良い意味では使われないようです。医療は猪突猛進ではいけません。対義語を調べると三思後考(さんしこうこう)というのがありました。熟慮した上で初めて行動に移すことという意味です。本年の当院の目標は三思後考医療です。
     しかし漢方薬に猪苓湯というものもあります。膀胱炎などの泌尿器系の疾患に対し当院でもよく処方します。構成している主薬が猪苓です。この元になる猪苓茸の形が猪の糞に似ているから名づけられたそうです。猪のお世話にもなっております。 猪の力も借り、三思後考医療を目指してまいります。スタッフ一同、皆様が痛みのない生活を送れるよう願って診療させていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

    ☆看護師より挨拶
     新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましてはお健やかに初春をお迎えのことと存じます。平成という時代もこの4月までとなりました。年号も変わり気持ちも新たになると共に、私たち看護師は今までと変わりなく患者様に対し、安全で安心できる心のこもった対応を心がけて参ります。日によってはお時間をいただいてしまうこともありますが、患者様から「忙しそうだね」「大変だね」と反対に気を遣っていただくこともあり申し訳なく思っております。「よくなった」「だいぶ良い」という嬉しいお言葉が多くの患者様から聴けるよう頑張って参りますのでよろしくお願いいたします。
     看護師一同

    ☆事務より挨拶
     新年あけましておめでとうございます。昨年は12月末まで暖かい日が続きましたね。寒暖差が激しいですが体調を崩されていませんか?年末年始と大寒波が急に訪れ体がなかなかついていきません。寒いと痛みも強くなります。体を冷やさないようにしてくださいね。私たち事務も昨年から新人が入ったりバタバタとしておりご迷惑をおかけしております。今年も変わらず笑顔を忘れることなく、患者様の痛みに向き合い「この病院で治療出来て良かった」と言っていただけるよう心がけていきたいと思っております。本年も皆様にとって明るく輝ける一年でありますよう心よりお祈り申し上げます。
     事務一同

    ☆新スタッフよりご挨拶
     4月からお世話になっております。久しぶりの現場復帰で不安がありましたが、皆様にたくさんの声をかけていただき励みになっています。とてもうれしいです。ご迷惑をおかけすることがあるかと思いますが、一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。
     看護師 村山

     今年の5月に入社した李 楠(リ ナン)と申します。出身は中国の大連です。中学生の頃から日本が好きになり、日本へ来て勉強することになりました。また中国で看護師の資格を取得し、日本へ来ても医療関係の仕事に就きたいなと思い医療秘書の学校へ入りました。クリニックでは事務、看護助手の仕事をやらせていただいています。日本に来て4年が経ちましたが日本語や仕事内容などまだまだ未熟なところがあるかと思います。これからも患者様への思いやりをもち、日々学んでいきたいと思っております。頑張ります!
     事務 李

    ☆お知らせ
    今年2月から水曜日の半日診療を再開させていただきます。 (診療9時~13時)
    患者様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。


    スタッフ一同頑張って参りますのでよろしくお願い致します!(^^)!



    2018年 1月号


    ☆院長より挨拶
     皆様新年あけましておめでとうございます。 当院が甲府市国母に開業したのは平成18年です。12年が経過しました。干支が一回りしてしまいました。開業した日が1月5日でしたので年末年始は不安だらけで準備に追われていたのを昨日のことのように思い出しました。今一緒に働いている職員はじめ、たくさんの方々に助けていただき今日があります。改めて感謝する元旦となりました。 室町時代に能で有名な世阿弥は、50歳半ば(私も50台半ばです)に書いた「花鏡」という書に「初心忘るべからず」という言葉を残してます。小学生でもが知っている言葉で、「物事に慣れてくると、慢心してしまいがちであるが、はじめたときの新鮮で謙虚な気持ち、志を忘れてはいけない」という意味だとの解釈が一般的だと思います。しかし実はかなり考えさせられる意味が含まれています。
    「花鏡」の結びに「初心忘るべからず。この句、三ヶ条の口伝あり。是非とも初心忘るべからず。時々の初心忘るべからず。老後の初心忘るべからず。この三、よくよく口伝すべし」と記しています。
    解釈としては

    是非の初心を忘るべからず
      成功,失敗を問わず、初心者のときの体験を
      忘れては上達が妨げられる

    時時の初心を忘るべからず   
      初心から年の盛り、そして老後に至るまで
      その時分時分においてはじめて習う事柄は
      それぞれに初体験であり、いわばその時期に
      おける初心である

    老後の初心を忘るべからず
      老人の風体にふさわしいことを習うというのは
      これまた初体験で、いわば老後初心である。
      老年になってさえ初心はあるということである

    初心を忘るれば初心へ返る理を、よくよく工夫すべし

     「初心忘るべからず」とは、それまで経験したことがないことに対して、自分の未熟さを受け入れながら、その新しい事態に挑戦していく心構え、その姿を言っているのです。その姿を忘れなければ、中年になっても、老年になっても、新しい試練に向かっていくことができる。 医療は日々進歩しています。「初心忘るべからず」を胸に13年目の当院は新たに歩んで参ります。
    皆様は痛みのない新年を迎えられたでしょうか。痛みのある患者さんもいらっしゃることと思います。 今年も一人でも多くの患者さんが痛みのない年になりますように職員一同心をこめて皆様に接していく所存でおります。
     本年も「ふなやまペインクリニック」よろしくお願いします。
     ふなやまペイン(痛み)クリニック 院長 船山 忠久

    ☆看護師より挨拶
     新年あけましておめでとうございます。10年の節目を迎え新しい気持ちで再スタートした昨年でしたが、予約優先日のスタートなど皆様にとってより快適な治療環境が整えられるように今年も努力してまいりたいと思っております。 
     痛みがあると夜眠れません。食事もとれないこともあると思います。少しでも痛みが軽減され睡眠負債とならないようにお手伝い出来たらと思っております。相手の気持ちを推測し行動できる忖度の精神で看護師一同邁進していきたいと考えております。今年も良い年になりますようよろしくお願い致します。
     看護師一同

    ☆事務より挨拶
     新年明けましておめでとうございます。1年が経つのが早いもので昨年事務も3人体制になりよろしくお願いしますと言ったばかりのような気がします。昨年から土曜日以外、予約優先日になり患者様には待ち時間のないよう努めて参りました。ただ当日の診療状況によってお待たせしてしまう事があり大変申し訳なく思っております。
     今年も新たな気持ちで事務スタッフ一同、患者様の要望に応えられるよう心がけ痛みの状況を把握しながら対応し、「ここで治療して良かった」「痛みが軽くなったよ」「また痛くなったらここに来るからね」と言っていただけるよう邁進してまいります。皆様にとって良い1年でありますよう心からお祈り申し上げます。今年もよろしくお願い致します。
     事務一同

    ★診療時間の変更について
    平成30年2月より
    朝9時~13時 15時~18時(土曜日14時~16時)
    水曜日、日曜日、祝日を休診とさせていただきます。
    患者様にはご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い致します。
    診療時間
    午前
    9:00〜13:00
    //
    午後
    15:00〜18:00
    //
    ○:予約優先日 ★:土曜午後 14:00~16:00まで
    【休診】水曜・日曜・祝日


    本年もよろしくお願い致します(*^_^*)



    2017年 6月号


     吹く風が肌に心地よいこの頃。お久しぶりのことほぎとなりました。今月号のテーマは『筋膜リリース』です。

    ☆筋膜とは
     筋膜とは筋肉を包む膜のことで、ウェットスーツのように体全体に張り巡らされ、表層から深層まで立体的に包み込むため、組織を支える第二の骨格であるといわれています。この筋膜は柔らかい組織で、絡まったり、くっつきやすい特徴があります。この特徴が原因で体にコリや痛みといった症状を招きやすくなるのです。

    ☆筋膜リリースとは
     筋膜はコラーゲン(タンパク質)で出来ていて、85%が水分です。水分不足やストレス、同じ姿勢での長時間作業(パソコンやデスクワークなど)、筋肉の柔軟性の低下などにより、筋膜同士がくっついてしまい、筋肉自体の動きを邪魔してしまいます。 筋肉がスムーズに動くためには、筋膜の滑りの良さが必要です。筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。筋膜リリースを行うことにより、筋肉の柔軟性を引き出し、関節の可動域(問題なく動かせる範囲)を拡大します。
     例えば、腰や背中に痛みやコリのある方は、おしりやふともも、股関節などの「痛みのある部分の周り」を筋膜リリースすることによって、症状を改善することができます。肩などの痛みなども同様で、肩や首、腕やわきの下などを筋膜リリースすることにより、改善につながるのです。 筋膜リリースとは、筋膜の絡まり、くっつきを引き剥がしたり、引き離したり、こすったりすることで、正常な状態に戻すことを言います。

    ☆生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース
     「生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース」とは痛みの場所の奥底で重なっている複数の膜をバラバラにするような気持ちで生理食塩水を注射する方法を言います。簡単な動作を観察し分析した中で痛みの場所へ筋膜リリースを行うと、直後に痛みが80%無くなるほどの著しい効果が得られたと言われています。1週間治療の効果が続いたという患者さんも多くみられました。 また、局所麻酔薬を使用しないため、①局所麻酔薬による合併症がない、②神経近くの膜の治療も安全、③注射後の患者さんの安静時間短縮などの利点もあります。  現在、日本では不必要な手術、過剰な内服薬の投与が数多く行われています。今後筋膜リリースのような治療が広がることで不必要な治療が無くなり改善につながればと思います。

     当院でも今後「生理食塩水注射によるエコーガイド下筋膜リリース」のような治療を始める予定です。

    *休診のお知らせ*
    ・6/10(土) 麻酔科学会
    ・7/22(土) ペインクリニック学会
    ・8/11(金)~8/16(水) 夏季休診

    患者様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

    2017年 1月号


     新年明けましておめでとうございます。当院は1月5日で12年目を迎えることが出来ました。本年も患者様を第一に考えた医療を心がけていきたいと考えております。患者様にも、ふなやまペインクリニックにとっても、良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

    ☆院長より挨拶
     新年明けましておめでとうございます。皆様は痛みなくお正月を過ごされたでしょうか。痛みがあると食欲も無くなり、睡眠も取れなくなります。家族にも冷たくなってしまいます。本当につらいです。こんな私も長年痛みと戦ってきました(病名は秘密です)。  11年間当院を開業したのも少しでも患者様の痛みを軽減したいとの想いからでした。当院は神経ブロックを主体に治療しております。近年はより安全に正確に神経ブロックを施行するために超音波診断装置ガイド下に行っております。本年も最新の超音波診断装置を導入いたしました。  
     ふなやまペインクリニックは山梨県でも数少ないペインクリニック専門医のクリニックとして今年も患者様のお体の不調、痛みに耳を傾け、真摯に対応してまいる所存でございます。今年一年、院長ならびにスタッフ一同研鑚を積み皆様方に最良の医療を提供出来ますように努力して参ります。本年も皆様方にとって心身ともに痛みのない良い年となるよう祈念しております。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
     平成29年1月 院長 船山 忠久

    ☆看護師より挨拶
     新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 当院には痛みを訴えて来院される患者様が多くいらっしゃいます。お話を伺うと痛みというものが日常生活や精神面、人生の楽しみや喜びに大きく影響を及ぼす事を痛感します。ゆえに治療がすすみ「長く歩けるようになった」「眠れるようになった」との笑顔がみられた時はこのうえない喜びを感じます。日々患者様から学ばせていただいております。  
     今年も看護師一同力を合わせて患者様ファーストで!多くの方の笑顔がみられますよう努力してまいりたいと思います。
     看護師一同

    ☆事務より挨拶
     新年明けましておめでとうございます。昨年も数多くの患者様に出会い痛みに苦しんで来院された方々を目の当たりにし、少しでも心の支えになれるよう事務一同笑顔と思いやりの心で接してまいりました。これからも気軽に声をかけていただけるよう、気配り・心配りを大切にしていきたいと思っております。昨年暮れに事務スタッフ一人を迎え3人体制になりました。今まで以上に皆様に痛みの緩和の手助けが出来たらという思いで邁進してまいります。  
     皆様にとって幸多き一年になることを心よりお祈り申し上げます。今年もどうぞよろしくお願い致します。
     事務一同

    ☆☆新スタッフよりご挨拶
     皆様、初めまして。11月よりお世話になっています看護師の今井です。
    まだ右往左往している毎日ではありますが、笑顔で患者さまの癒しになりますよう過ごしていきたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します。
     看護師 今井

     7月より働いております小幡です。
     まだまだ至らぬ点がありますが、患者様のお役に立てるよう頑張ってまいります。宜しくお願い致します。
     看護師 小幡

     まだまだ慣れず、至らない点が多いと思いますが、患者様を笑顔で迎えられるよう頑張ります。よろしくお願い致します。
     事務 開地

    ☆産休育休明けスタッフよりご挨拶
     新年あけましておめでとうございます。産休育休の為1年お休みをいただいていましたが、昨年9月より復帰させていただいています。またここで働けること、皆様にお会いできることに感謝して、元気いっぱいがんばりたいと思います。今年もよろしくお願い致します。  
     看護師 斉藤


    本年もよろしくお願い致します(*^_^*) スタッフ一同




    ホームお知らせ当院のご案内医師のご紹介初診の方へアクセスお役立ち情報患者さまより頂いた写真メディア掲載
    帯状疱疹研究所|筋膜リリース研究所

    個人情報保護方針


    ホームお知らせ当院のご案内医師のご紹介初診の方へ
    アクセスお役立ち情報患者さまより頂いた写真
    メディア掲載| 帯状疱疹研究所|筋膜リリース研究所

    個人情報保護方針